9299.net
大学生考试网 让学习变简单
当前位置:首页 >> >>

苏州园林介绍

苏州园林介绍

苏州园林介绍(日语版)
蘇州の四大名園 滄浪亭、 獅子林、 拙政園、 留園との四つの庭園は、 それぞれ宋、 元、 明、 清の各時代の様式をもつ代表的なものです。 そのうち、 拙政園と留園は中国の四大名園に も数えられています。 拙政園(せっせいえん) 蘇州四大名園の一つで中国四大名園の一つにもなっています。 拙政園は世界遺産とし ての「蘇州古典園林」の主格です。中国庭園のモデルとして事実上中国 No.1 の庭園と言 えましょう。宮廷色の強い頤和園(ぎわえん)を代表とする北京の庭園をロイヤル?ガー デンとすれば、蘇州の庭園のほとんどは昔地方の文人や官僚などが所有するプライベー ト?ガーデンです。今は国の財産として一般公開になっています。 拙政園は、1509 年 (明王朝の正徳 4 年) に官僚の王献臣によって造営されました。 王献臣は官僚を追放され、 故郷の蘇州に戻りました。愚かなものが政をつかさどるという意味で「拙政」と名をつけ たという説があります。 面積約 5 ヘクタールの拙政園は蘇州の庭園の中でもっとも広いも のです。8 年の年月を費やして造られたそうです。 拙政園は、東園、中園、西園の三つの部分に大きく分けられます。園内で中心的な存 在は水で、 全体の約 5 分の 3 を大小の蓮池が占めています。 蓮池の周りに東屋、 橋、 回廊、 緑が水面に映って美しい景観を構成します。その極まりがまさしく「遠香堂」を主体とす る中園で、夢のような空間を感じさせます。中国古典文学名作の「紅楼夢」の舞台がここ をモデルとしたらしいです。 西園には「盆景園」があります。そこには蘇州流盆栽の優 秀な作品が集められています。50 以上の種類で、約 1 万の盆栽があります。 獅子林 獅子林とは、 文字通りに解釈すればライオンが出没する林です。 林のように密に広が るものはよく「XX 林」と言います。雲南省には石林という観光名所がありますが、西安 には有名な碑林があります(書道に興味のある方はご存知でしょう)。では、獅子林とい う林とは何の林でしょうか。 それは石の林です。ただし、その石は普通の石ではなく、 太湖という大きい湖の周辺で採った所謂「太湖石」です。また、その林とは、太湖石で造 られた築山です。端的に言えば、獅子林は築山の公園です。それにプラス伝統的な蘇州庭 園の水、東屋、回廊、小さい橋、木やお花など。 獅子林は趣があるだけでなく、遊び心もあります。いろいろな形をする太湖石は、他 の庭園でも使われますが、獅子林では主役となっています。太湖石で造られた築山は、世 の中のもっとも小さい山ですが、うねうねした洞窟があったり、狭い山道があったり、頂 上もあったり、 とても想像力豊かで楽しいところです。 築山がそこまで芸術的にできあが ったのは、他はどこにもないでしょう。それも築山だけではなく、庭園の他の要素と結合 してはじめて達したものと考えます。 というわけで、 獅子林は子供でも楽しく遊べると ころです。大人以上に喜ぶでしょう。お子さん連れの方にはぜひ勧めです。ちなみに、獅 子林は蘇州の四大名園の一つで元王朝の時代に造営されたものです。 元王朝は、 明王朝の 前で約 700 年くらい前です。





蘇州四大名園の一つである留園は、 拙政園と並ぶ蘇州庭園の最高傑作です。 留園は拙 政園より小さいですが、 構成が緻密で景観が変化に富んでいます。 さまざまな要素の間に バランスよく取れており、 気品も高いと非常に高く評価されます。 留園は 400 年も前の明 の時代に最初に造られましたが、 後に改築され清の時代の代表的な庭園とされます。 一 説には、かつて東京?芝にあった「留園」の先祖が造ったともいわれ、日本人観光客に人 気だそうです。 園内は、中、東、西と北の四つに分けられます。中部は池と築山がメイ ンで、東部は建築物が中心になっています。園内の楼閣は長い回廊で結ばれ、「花窓」と いう透かし彫りの窓から見える景色が一つ一つ異なり、 それぞれが一枚の絵のように見え ます。 また、とても面白い形をしている太湖石である「冠雲峰」も巧みに配され、蘇州 ならではの景観を創り上げています。 滄浪亭 滄浪亭は人民路滄浪亭街通り 3 号に位置し、1963 年に蘇州市の文化財保護指定を受 け、1982 年に江蘇省文化財保護指定を受けた。 滄浪亭はもともと五代中呉軍の節度使 北宋の慶歴 4 年(1044 年)、 南 孫承右の池館であったが、その後荒れはててしまった。

詩人の蘇舜欽が弾劾されて罷免され、呉中に寓居し、4 万の銭で孫氏の庭園を買い取り、 北側に滄浪亭を築造し、みずから滄浪翁と号し、「滄浪亭記」を書き残している。 宋昭興の初期、滄浪亭は金王朝に抵抗した名将韓世忠のものとなり、 「韓園」と改名され た。韓氏は二つの山の間に橋を架け、「飛虹」と名づけた。山の上には連理木、寒光堂、 冷風亭のほか、梅亭「瑤華境界」、竹亭「翠玲瓏」、桂亭「清香館」などの名所があり、 慶元年間にも残っていた。 元の時代に、滄浪亭は僧房となり、僧侶の宗敬は滄浪亭の跡に妙隠庵を建立した。至 正の年間になって、僧侶の善慶はその東側に大雲庵(結草庵とも称される)を建立し、南 禅集雲寺の別院でもある。 明の洪武 24 年(1391 年)に、南禅集雲寺に住んでいた僧 清の康 侶の宝曇は妙隠庵、大雲庵をそれに合併させた。嘉靖 13 年(1534 年)に、知府の胡?宗 は妙隠庵を韓?干祠に変えた。25 年、結草庵の僧侶文瑛が滄浪亭を再建した。 煕の頃に巡撫の職にあった王新はここに蘇公祠を築造することを命じた。 34 年 (1695 年) に、 巡撫の宋犖が滄浪亭を再建した。 乾隆皇帝が中国南部を巡幸した際ここに泊まったこ とがあり、滄浪亭の南側に拱門と御道をつくったことがある。 道光 8 年(1828 年)に、巡撫の陶?が滄浪亭の南西側に「五百名賢祠」を築造した が、太平天国の戦争の時に破壊された。同治 12 年(1873 年)に、巡撫の張樹声、布政使 の応宝時が滄浪亭を再建し、その南側に「明道堂」を建てた。「明道堂」の裏の西側には 五百名賢祠があり、 祠の南側には翠玲瓏がある。 滄浪亭の北側には水軒、 静吟亭、 藕花水? がある。また、聞妙香室、見心書屋、印心石屋、看山楼、仰止亭もある。 め、修志局に使われたことがある。 光緒の初め 頃には、庭園の中にまだ僧房があった。光緒の末期に、洋務局に借用された。民国期の初

1927 年に、蘇州美術専科学校の顔文?校長が滄浪亭の保管係として招聘された。再 建後に、蘇州美術専科学校が転入した。蘇州が日本軍に占領された時、日本軍が滄浪亭を 占拠したため、ひどい破壊をこうむった。1954 年に、蘇州市園林管理処が修繕工事をお こない、1955 年に一般公開された。 何回もの盛衰を経た滄浪亭は、 面積は 1 万 1000 平方メートルで、 門の前の水面は 4862 平方メートルである。五百名賢祠は周の時代から清の時代までの 2400 年間の呉郡の著名 な賢者 594 人の石像を集め、後世に模範として伝えられるようになった。季礼、伍子胥、 白居易(白楽天)、範仲淹、文天祥、韓世忠、唐伯虎、文徴明、況鐘、林則徐らの石像が あり、高い文献的価値がある。


网站首页 | 网站地图 | 学霸百科 | 新词新语
All rights reserved Powered by 大学生考试网 9299.net
文档资料库内容来自网络,如有侵犯请联系客服。zhit325@qq.com